So-net無料ブログ作成
検索選択

【K-1MAX】3・27日菜太、山本優弥の秘策を一蹴「“にわかサウスポー”には負けない」

写真拡大強烈な左ミドルを繰り出していった日菜太 3月16日(火)神奈川・平塚市にある湘南格闘倶楽部にて、同ジム所属の日菜太が公開練習を行った。日菜太は、3月27日(土)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナで開催されるFEG『K-1 WORLD MAX 2010 〜-70kg Japan Tournament〜』の日本代表決定トーナメント1回戦で山本優弥(青春塾)と対戦する。 ちょうどこの日の正午に公開練習を行った対戦相手の山本は、サウスポーの日菜太対策として普段はオーソドックスの構えにも関わらずサウスポーでの練習を公開したばかり。これは完全に日菜太が得意とする左ミドルを封じるための秘策だが、「サウスポーで来られると普通に嫌ですね。やりにくいです」と苦笑い。これまでに24戦を経験している日菜太は、過去にサウスポーだった選手は水谷秀樹と田島直樹の2人だけだという。 戸惑いの表情の日菜太だったが、「“にわか”はすぐにメッキが剥がれると思います。僕の左ミドルが嫌になって、すぐにオーソドックスに戻すと思いますよ。僕は本業がサウスポーなので、“にわか”の人には負けないです」と全く問題はない様子。逆にオーソドックスの日菜太が見られることはないのだろうか。「僕は左だけじゃなく、右も蹴れます。それが見られるかもしれないですね」と意味深なコメント。 前回のオ・デュソク戦の前には、ワタナベボクシングジムでの出稽古特訓からパンチにも自信がついたことを明かしている日菜太。今でも出稽古には欠かさず行っており、パンチの技術もメキメキと向上中。同ジムのボクシングWBA世界スーパーフェザー級王者・内山高志からアドバイスをもらうこともあるという。「パンチを出す日菜太選手が見られる?」の問いには「どうしようかな〜」とニヤリ。 新たなスタイルの日菜太が見られるのかと期待してしまうが、「そういう心理戦をやるために試合をやっているわけじゃないですからね。僕はいつも通りやるだけですから。普通にやって普通に勝ちます。確実に相手の腕を折りにいきます。蹴りスタイルの僕にとってトーナメントは不向きだと言われていますが、全力で叩き潰しにいきます。3試合分の足のことは考えないで、真っ向勝負でいきます。3試合で3本の腕を折りたいですね」と、これまでと同様に左ミドル全快、相手の腕を折りにいく覚悟で勝利に徹するとした。 その言葉通り、2分2Rの公開練習では重みのあるスピーディーな左ミドルを重点的に繰り出し、万全の調子であることをアピール。さらにオーソドックスにスイッチしては右ミドルも蹴り込む姿やパンチのみのミット打ちを見せた。 山本からは「優勝候補は日菜太選手と城戸選手のどちらかだと思います」との声が出ているが、「それは『俺が(日菜太に)勝ったら優勝します』の裏返しですよね? 優弥選手は僕がキックをやり始めたときから活躍していた選手なので、僕が挑むつもりでいきます。試合はバチバチになると思いますよ。優弥選手が前に出れば自分も出ますし、1回戦から全力でいきます」とした。 昨年は優勝候補と言われた城戸康裕と一回戦で対戦し勝利するも、鼻骨負傷で二回戦が棄権となった。魔裟斗が引退した今、K-1MAXを背負う者として日菜太には期待がかかる。「昨年よりも色んな意味で強くなっています。外国人選手との試合も経験したし、パワー、スタミナ、昨年の自分よりも全部上回っています。あと自分にないのは経験だけです」と日本トーナメント優勝に絶対の自信を見せている。「9月の世界トーナメントまで、試合が空いてしまうので、海外での試合も考えています」とした日菜太。日本の頂点を極め、日菜太がいよいよ世界に飛び出すのか。FEG「K-1 WORLD MAX 2010 〜-70kg Japan Tournament〜」12

日曜劇場『特上カバチ!!』最終回(3月21日よる9時)に大野智が友情出演!! 株式会社TBSテレビ

TBSで放送中の日曜劇場『特上カバチ!!』(日曜よる9時放送)が3月21日に最終回を迎える。最終回では、櫻井翔演じる行政書士補助者・田村勝弘が、多重債務で苦しむ男を救うために、「提携弁護士」の疑いのある弁護士・犬神誠一(坂口憲二)に立ち向かう姿が描かれる。さらに、犬神のバックにいる自分の父であり辣腕弁護士・鷲塚勝一郎(竜雷太)とも対峙し、「真の法律家とは?」という信念の元、立ち向かって行く。今回、大野が演じたのは弁護士会の綱紀委員会で働く弁護士・本多修平。田村の依頼を受け、犬神を調査する重要な役で、弱者の敵とも言える「提携弁護士」を厳しく取り締まる存在だ。撮影当日。現場からの歓迎の拍手に照れる大野は、自ら拍手を制止するポーズで笑わせる。監督から書類を持つ手の高さや位置、立ち上がるタイミング、立ち居地などを指示され、その一つ一つに丁寧にこたえる大野。難しい専門用語が台詞にあったが、一発OKが出ると現場からは「おー!一回で終わったね!」と温かい拍手が。大野も「翔くんはいつもこの何倍もの台詞を完璧に言ってるけど、いつ(台詞を)覚えているんだろうね」と答え、そこにはいない櫻井の存在を感じた一面も。クランクアップには、加藤新監督から花束を手渡され「僕が主役じゃなくて良かったです」と謙遜し、スタッフを笑わせた。 【撮影後のコメント・大野智】昨日は今日の撮影に向けて、ニノ(二宮和也)と台詞の練習したんだけどね。やっぱり難しいな、法律の専門用語は。翔くんはこんなに難しい台詞をいっぱい喋ってるんだな、と思うと凄いなと思った。『特上カバチ!!』本当に頑張ったと思うよ。オリンピックのキャスターもあって、レギュラーの仕事もあった中でよく出来るな、って。カバチ、最後まで頑張って!!僕も『怪物くん』頑張ります!! 今回の撮影の為に、一時的にスプレーで髪を黒く染めた大野だったが、撮影終了後は洗髪し、きれいな金髪に。大野は、「怪物くんに戻りました」と笑顔でカバチの現場を後にした。  【コメント・主演・櫻井翔】『特上カバチ!!』最終回、リーダーが登場します。自身のドラマ撮影も始まっている中、レギュラー番組収録の合間に、台詞をひたすら繰り返し練習していました。直接の絡みがなかったからこそ、登場シーンが今からとても楽しみです。そんな、大野(嵐)も登場する最終回。田村は遂に父親との直接対決に挑みます。父親であり、弁護士という大きな敵にどの様な勝負をかけるのか。5ヶ月に渡る撮影のクライマックスをどうぞご覧下さい!News2uリリース詳細へ関連URL:http://www.tbs.co.jp/tokujyokabachi/?link=n2u

<官房参与>行天氏ら退職

 政府は16日、麻生政権時の08年11月に内閣官房参与に就任した行天豊雄・元大蔵省財務官と野上義二・元外務事務次官が、同日付で退職すると発表した。両氏から辞表の提出があったという。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。